シニア

美容も健康もゲット!コラーゲンドリンクでお肌プルプル

脳や健康に有効な栄養

男女

脳の活性化と血液サラサラ

日本人は諸外国の人々よりも魚をよく食べる習慣があります。魚をよく食べる習慣と日本人の知能指数の高さには深い関係があることがイギリスの研究者によって発表されました。魚に含まれているDHAという栄養素が脳を活性化させていることが分かってからは世界各地でも注目されるようになりました。DHAはドコサヘキサエン酸の略したもので、特にサバやイワシなどの背中が青い魚に多く含まれている栄養素です。生魚、焼き魚でDHAを摂取することができますが、缶詰のサバ煮や水煮になっているものでも栄養が十分に含まれているので手軽に摂取することができます。また、DHAには血液サラサラ、コレステロール値を下げる、中性脂肪を減少させる効果もあります。DHAは脳の働きが活発になる子供さんから生活習慣病が気になる中高年までの幅広い世代で必要な栄養素といえます。

気を付けたいこと

DHAは脂肪酸の1つで体内で作ることができない栄養素です。ですから、食べ物や健康食品などで体内に取り入れる必要があります。DHAはトロやサバ、イワシなどの魚やウナギ、サケにも含まれています。一日の必要量はトロなら3切れ、イワシなら2尾程度が目安になっています。DHAは魚にも含まれている安全性の高い栄養素なので副作用の心配はほとんどありません。青魚にはDHAのほかにEPAという栄養も含まれています。このEPAも脂肪酸の1つですDHAと同じような働きがあります。両方の栄養素を同時に大量に摂取すると吐き気などの症状が出る場合があります。大量に青魚だけを摂取することはありませんので通常の食生活であれば心配は不要です。