シニア

美容も健康もゲット!コラーゲンドリンクでお肌プルプル

健康食品で冷えを改善

足元

乾燥させたり生で摂取

冷えは様々な病気にかかりやすくなるため、低体温の方の場合、代謝を促進させる目的で病気になりにくいと言われている36度5分を目安に体温を上げる食品を摂取し、冷えまで改善させる工夫が必要です。冷え性は病気ではなく未病に分類されているため、特効薬がなく、1人1人の冷え方の症状にあわせて漢方を利用するのも1つの手段です。筋肉を効率よく温めたり、血や水の巡りをよくする効果に期待ができるお灸や入浴も適しています。この際、ヨモギや生姜、柚子や青みかんなどの血行を促す漢方を用いることがポイントです。どの健康食品も口から摂取できる安心・安全性の高さがあり、乾燥させて間食代わりや料理に利用して血行を促すことも一工夫できる活用法です。

水分の補給は必要

冷え性の方の場合、足や顔のむくみや、血液循環が悪くなることで顔の血色が悪くなりやすく、改善させる食事の見直しは必須です。特に漢方茶は、未病となる冷え性には効果的な生薬が含まれています。血液はほぼ水分によって作られているため、冷えを招きやすい分、水分を控えることに注意する必要があります。水分不足は逆に血液循環に影響し、冷えが悪化しやすくなるために冷たい飲み物以外で、こまめに水分補給することは重要です。排出機能を高めるには利尿作用のある栄養素を補うことがポイントで、例えば、美容や健康茶として話題のゴボウ茶も冷え性の改善に期待ができる食物繊維やカリウムなどを含み、循環をサポートします。排出される分、しっかり補うことに注意し、冷えを緩和する入浴中や就寝前にも漢方茶を摂ることは大切です。